地中熱利用換気システム

施設導入地中熱利用システム

ジオパワーシステムは住宅への導入はもちろんですが、公共施設をはじめ、店舗、工場、農業施設(ハウス)にいたるまで幅広く採用されているシステムです。その自然の力を有効利用する省エネ技術が評価され、環境大臣賞をはじめ、愛知で開催された愛知万博「愛・地球賞」受賞、エネルギーデザインでグッドデザイン賞など数々の賞を受賞しています。
※「愛・地球賞」とは愛・地球博のテーマ「自然の叡智」にもとづき、最先端のものから伝統的なものまで、地球環境問題の解決と持続可能性に大きな貢献をする地球環境技術100件を顕彰し、人類と地球とが持続可能な共生を実現するための技術の役割と可能性を訴求し、地球環境技術の普及と研究開発の促進をはかることを目的とした賞です。

地中熱とは(GEOパワーシステムとは)

地球の大地は巨大な蓄熱層。地下約9mの地中は各地域の年間平均気温とほぼ同じで一定です。井戸水が夏冷たく、冬温かく感じるのはこのためです。
 GEOパワーシステムは5~7.5mの熱交換パイプを使ってこの地中熱を利用した換気システムです。
 換気しながら、建物全体の温度を緩やかに調整するシステムです。

地中熱のさまざまな利用方法


パイプは二重構造になっており、外側のパイプは防食加工され熱が伝わりややすいアルミ製、内側は熱を逃がしにくい樹脂製です。このため地中で熱交換した外気を効率良く取り込むことができます。また、空気を浄化する機能も人気です。取り込んだ空気中に含まれる花粉・チリ・ホコリなどを80%以上除去します。

換気基礎空調型(住宅大型用)



地中熱などの自然エネルギーを蓄熱利用して、換気をしながら、なるべく従来型の冷暖房に頼らない空間を実現することで、大幅に空調費を削減できる。

スポットエアコン型(工場用)



地中熱換気を利用し、工場などのスポットエアコンとして利用し、職場環境改善、デマンド抑制、夏場の暑さ対策などを行う。

外気処理型(ZEB公共施設用)



地中熱換気を利用し、主に室内の外気負荷の低減を行う。夏は風量を換気量以上にし、冷房負荷をさらに低減できる。



会社概要
イベント参加申込
スタッフブログ
インスタグラム
アールプラスハウス日進みよし
GARDENS GARDEN日進・長久手
15のお約束
WEB相談申込受付